ブランド靴コピー正真正銘の14年老舗,ブランド靴コピー通販2018新品登場!ブランド靴コピーN級品一流の完壁な品質を維持するためにのブランドコピー靴超N品全品在庫一掃販売中!绝賛発売ブランド靴コピーを多数取り揃え,ブランド靴コピー通販激安販売のブランド靴コピー全品新作登場!ブランド靴コピーお客様のご来店をお待ちしております

cosplay22の日記

ブランド靴コピー人気特集https://www.jesess.net/

大理寺は「台風が私たちを遠く離れて、落ち着いていきたい」と祈っています。

大理寺は「台風が私たちを遠く離れて、落ち着いていきたい」と祈っています。

ラベル:台風|大理寺  分類:ブランド靴コピー


 

台風21号は「非常に強い」勢力のまま列島に上陸する恐れが高まっているが、前回、この「非常に強い」のまま上陸したのが25年前の1993年、台風13号になる。この時に何が起きたのか、「飛鳥」は、複数の地域で計7人が死亡し、200人が負傷した。この台風でお寺へ行って民衆のために祈って国のために祈っています。すると、大理寺がありました。

日本の京都市大徳寺、また紫野大徳寺と呼ばれています。「紫の野」とは、大徳寺の属する地域を明言しているが、私にとっては、ただこの二つの字だけで、何分かの夢、幾つかの風情がある。秋の朝、空が暗くなった時、夜の露に浸った野原は、すべてが薄紫の光の朝の光に包まれている。

 

日本中世史と近世史を開くと、「大徳寺」はよく登場する名前です。茶人の村田珠光が、ここで一休の宗純手の認証を受けたことがある。「茶聖」千利休は、ここで豊臣秀吉の茶会を行い、豊臣秀吉は、死因不明の「戦国三ジャー」の一つで、織田信長が盛大な葬儀を行いました。同じくここで、豊臣秀吉千利休が赤い金毛閣の上で彫像を自立させて自殺した。ゴッホはここで生蓮を生んで、血の光もここでぴかっとしていて、血の生臭い、聖なるもの、繁雑で、侘寂として、俗世の、真純なもの、この木、この砂、この石、一つ一つの証して、すべて収容しています。

金毛閣の上で混じる赤い漆は雨に濡れて、まるで史書の中の行の文字が凝縮しているような血の跡のようだ。塔の頭の中には、歳月のほこりに包まれた木立柱が、雨水の浸潤の下で、墨汁をたっぷり吸い込んだ狼は、いつでも歳月の便箋に何を書いているのだろう。きっとたくさんの話があると思います。大灯の国師開山立の基礎の拓宕によると、一休宗純は世間の偏見を破って古寺の仏光を立て直し、村田の珠光がお茶の中三昧で実証を得たと悟ったと言って、千利休がいかに峰に登ればよいかというと言いました。

「無池無遣水の地に石を立て、号曰く枯山水」――日本最古の造園専著『作庭記』は枯山水のように定義されている。室町、戦国、大徳寺の最も輝かしい時代、歳月の移り変わりと滅仏運動を経ても、今も十数基を残しています。その中では特に大仙院の枯山水庭園が最も有名です。

東洋美学がイメージを重視し、西洋の美学を尊崇する。似ていないように、百千種の可能性があり、万千種のイメージが東の人の知恵を体現しているのが東方人の哲学である。大きい塊の石は石の組になって、高山、飛ぶ滝、仏陀、観音を象徴して、ばらばらになっている形の様々な形の石が石ころの中に点在して、カメのようで、魚のように牛のようで、山のように島であるように、橋のように舟のようで、多くの物像の間の様々な因縁の瓜葛は、見る者の想像に任せている。「すべて唯心造」と、心の中で何を考えているのか、見たのは何か。枯山水庭園は、完全に感性的なプライベートな空間で、1回の個人の審美経験の心の旅は、激しい創造力と想像力の大爆発である。禅宗は「一日もしない、一日食べない」と凝っている。塔頭を管理する僧侶は、毎朝竹の熊手で砂石の紋様を作るのも、一種の修行である。身を修めながらも心を修めることができるのも楽しいのではないか。

大仙院の盛名に覆われて、残りの塔頭庭園もそれぞれ千秋楽であり、裏切らない。春秋2期の固定時間帯にしか咲かない黄梅院は、観光客と庭園の一期一会である。昔の露地と茶室に入った小亭は、今では保護され、入ってはいけない。体を想像して、竹の欄を越えて、軽点石の宿を越えて、戦国時代の風雲の跡を突きつけて、四百年前のお茶を飲みに行きます。

ヴェルサーチ靴コピー|ワイスリー靴コピー|アルマーニ靴コピー

回廊に沿って進むと、千利休は66歳の時に豊臣秀吉に建てられた池泉式の枯山水庭園の直中庭である。

千利休豊臣秀吉によって建てられたこの庭園は、点石、理水、選植、熊手の術を融合させ、大徳寺の他の庭園よりも規模が大きい。庭の砂礫は細やかな熊手によって、はっきりと流れを見せ、すべての「水の流れ」が庭の真ん中に集まった千利休が、豊臣秀吉に建てられたひょうたんの池にある。

本堂と倉庫を迂回して、再び「境界線」の上でまっすぐに中庭を見て、砂礫の敷いた水路ははっきりしてなめらかで、四方八方の水の流れ、丘を回って、暗礁を揺らして、旋回をしてひょうたんの池の中に集まって、よく聞いて、はらはらした雨の音はとっくに盛んな波の波の音になりました。池の端の紅葉が鮮やかに鮮やかで、目の前の景色は「秋の雨に赤く染まっている」。

高桐院の竹林と庭園の名声は外にある。遠くから見て、竹の枝は塀を越えて風の中で揺れ動く。しかし、大修に出くわすとは思わなかったが、半分の体が玄関に向かって、横木が入り口に隠れているのを見て、心に満ちた想いが込められているのを見て、一歩3回振り向かせたのは、そのつややかな緑の衣に甘えて、憎んで立ち去るしかない。

それでは、急に離れないでください。ゴグッと鳴いたお腹を撫でてくれ、それを慰めることができて、思わず竜源院まで歩いていました。竜源院は小さくて精巧で、境内には枯山水石組の規模は大きくないが、日本庭園の常連客である。西側には1か所の枯山水の組み合わせが「はずれの底」という名があって、幅は2メートルにすぎず、三四メートルの長さにすぎず、中国の河北省にある極済宗の祖庭にある地名を象徴する砂川の砂を象徴していた。あの粒の粒の石の種、まるで塵の世の多くの人の生、この1粒はここに置いて、あの1粒はそこに置いて、縁の際は、無理に見えても、同じようにして、まるで無作為に見えるが、実はすべてまた隠蔵している。

雨上がりの秋の雨、止むという意味がなくて、縁の上にかかっている透明な玉のカーテンを見て、だんだん散らかっていて、庭の中に打ち砕いて、コケを潤して、枯れた石を作って、これらの小さなものはすべて魂に与えられて、悲喜していて、喜怒哀楽があります。当初は女工が人を作ったのも、この光景だろう。

外に開放されていない塔の頭は、扉はまだ開いていて、細い竹竿でドアの中に横になっているだけで、境内が青々としている植物たちと一体になって、よく見ていないと、その存在は全く発見できません。千里に人を拒むのは、仏様のスタイルではなく、「門から入ってきてはいけない」というあなたに、いつも自分を残しておく必要がある。点字に似たような大徳寺に参詣すると、山門にお別れすると足が楽になります。

↓↓↓↓↓↓↓

最新の製品を毎日更新しているので、より多くの靴が必要ならば、jesessメッセージ.ブランドコピー靴 2018-09-07 最新入荷


Copyright © 2012 ブランド靴コピー通販. Powered by:  SITEMAP | ブランド靴コピー热烈推荐人気上升中作権は著者所有に帰する。商業の転載は作者に連絡して許可を獲得して下さい、商業の転載ではありません。 来源:jesess.com